誰とでもうまくやろうとしてしまう人が実は失っているものとは?そして、そんな人生を変える秘訣とは?

根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則
★オンラインスクールのバックナンバーはこちらから購入できます!!!  「見逃した~!」「あれ、見てみたい!」「これ、読んでみたい!」という記事を  後からご購入頂けます。一覧はこちらからどうぞ!  ⇒ http://www.mag2.com/archives/0001677732/ *** 誰とでもうまくやろうとしてしまう人が実は失っているものとは?そして、そんな人生を変える秘訣とは? ======================= 根本先生、こんにちは。 主に職場で「なんかこの人とうまくやれないな」と思う人が一人でもいるとそれがとても気になり、私のことを好きそうな人と、よりうまくやることよりも、その人といかにうまくやるか?に全力を注いでしまいます。 「合わない人はいるものだ」という考え方ができず、その人とうまくやれる人もいるわけなのでできない自分をとても責めてしまいます。 また、私自身ほとんどの人とはある程度うまくできますし、「誰とももめずに仲良くできる自分」が長所だと思っていたので例外的な人がいるととても気になります。 うまくいかない相手がいると嫌われているのではと思うこともありそれも怖いです。 自分が誰かを嫌いだと思うこともよくないことだと思っています。 自分のことを好きでいてくれる人により好かれるように、という方向で頑張ったほうがいいような気はするのですがどうしても気になってしまい、そちらに引っ張られてしまいます。 完璧主義な部分もあり、90%幸せだった出来事も、10%の嫌な思い出に引っ張られているなぁと思うことが多々あります。 「あるものに目を向ける」とは思うのですが…先生なにかアドバイスをいただければ幸いです。宜しくお願い致します。 (Aさん) ======================= なるほどー、同じような思いを抱いている方って少なくないかもしれませんね。 Aさんもお気づきの通り、完璧主義っていうのが大きいのかなー。 まあ、その辺は何でも似てるんですけど「誰とでもうまくやらなきゃ」という理想主義ってのも絡んできますよねー。 で、早速質問なんですけれど、どうして「うまくやれないな」と思う人にそんなにもこだわってしまうのでしょうか? 完璧主義だからって理由以外に何があるのか、もう少し考えてみませんか? 例えば、本音として「自分は誰とでもうまくやれるはずだ!」って思いがあって、それが果たせない相手を見つけると意地になったり、むきになったりしてしまう、とか。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則
  • 夫婦、恋愛、仕事、お金、性格からあらゆる人間関係について2万人以上をカウンセリングしてきた予約の取れないカウンセラーが、週に1度、テキスト(文章)と動画で心の法則を詳しく、分かりやすく、面白く、時にはグッとくる話を交えてお伝えします!! ●ふんだんに用いられる“あるある”な事例や例え話。 ●笑いの要素も散りばめられた分かりやすい心の仕組みの解説。 ●メルマガにしては長いテキスト(メルマガ)。 ●ラジオの公開放送に来たかのような臨場感でお届けする20~30分の動画。 皆様からの「ネタ」も募集中です!! すぐに使えるめっちゃ役立つ心の法則を活用してますます幸せになってください!
  • 3,300円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日(年末年始を除く)