メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

稼ぐために悪人にならなくてもいい。合法的に金が転がり込んでくる場所がある

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
■ No.437 (2020年10月18日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 稼ぐために悪人にならなくてもいい。合法的に金が転がり込んでくる場所がある - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 世界的に見ると、コロナはまったく収まっていない。収束する前に寒い季節に入っており、これから風邪をひく人も増える。風邪もインフルエンザもこれから本番なのだから、コロナに感染する人が増えたとしても何ら不思議ではない。 ヨーロッパでは再びコロナ感染者が拡大して「第三波」がやってきているような状況になってしまっているのである。「ステイホームの奨励」「夜の外出禁止」「全面的自粛」が広がっていくことになってもおかしくない。 そうなれば、街の景気は再び悪化することになる。実体経済はボロボロで、失業率は高止まり、低所得層だけでなく中間層もまた追い込まれていくことになる。 しかし、今回のコロナで全員が苦闘しているわけではない。アメリカの株式市場を見て欲しい。株式を保有できている資産家、特にアメリカの株式市場にアクセスしている資産家は、まったく痛手を受けていない。 2020年3月に起きたコロナショックなどとっくに乗り越えて株価はぐんぐん上昇しているのである。ETF【VTI】はアメリカの平均値を買う面白味のない投資対象だが、これを買っていたとしてもコロナ以前よりも儲かっている。 コロナで恩恵を受ける個別のハイテク企業、あるいはナスダック市場の主要100企業をパッケージしたETF【QQQ】を保有していた人は、言うならば「何もしないで大儲け」の局面に入っていた。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日