メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

持ち家にはメリットがたくさん

午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門
  • 2020/10/19
    • シェアする
【 2020年10月19日 】第423号 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃午堂登紀雄の「フリーキャピタリスト入門                  ┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ※このメルマガのバックナンバーは全てこちらでご覧いただけます。 http://www.mag2.com/archives/0001370991/ これまでの号を読んでみたいという方はこちらで購入できます。 ■先週の活動と振り返り相場 先日、「コロナ時代の資産形成術」というテーマで講演をしたのですが、そのとき「持 ち家を買う」ということを離しまして、ちょっと掘り下げたいと思います。 ・持ち家を買うのはアリかナシか 会社員時代から不動産投資に取り組み、30代はずっと不動産投資イチオシだった私です が、昨今のような都市部で利回りが取りにくい&アパートも自己資金が多く必要とい う、不動産投資がやりにくい環境になって、少し考えが変わりました。 投資物件が買えないのなら、マイホームを買うのもアリだなと。 そもそも不動産投資を優先するということは、投資ローンを受ける必要があります。 しかし住宅ローンで与信枠を使ってしまうと、投資ローンが受けにくくなります。 その分だけ減額される可能性があるし、数年間は返済実績を示す必要がある場合もあり ます。 また、住宅ローンは持ち家を推奨する国策のような側面があるので、比較的審査は緩い 傾向があります。

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門
  • フリー・キャピタリストとは、時代を洞察し、自分の労働力や居住地に依存しないマルチな収入源を作り、国家や企業のリスクからフリーとなった人です。どんな状況でも自分と家族を守れる、頭の使い方・考え方・具体的方法論を紹介。金融・経済情勢の読み方、恐慌・財政破綻からの回避方法。マネタイズ手段としての資産運用、パソコン1台で稼げるネットビジネス、コンテンツを生み出し稼ぐ方法。将来需要が高まるビジネススキルとその高め方。思考回路を変えるのに役立つ書籍や海外情勢など、激動の時代に必要な情報をお届けします。
  • 1,012円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日