~点で生きる犬を点でみることの重要性~

ドッグペディア・Doggies 911
犬の問題行動のカウンセリングをしていると、多くの人は「犬の過去」と、「今ある問題」をリンクさせます。 「昔、虐待を受けていて犬だから、今、人を怖がります」とか、 「昔のトレーナーさんが犬を殴って以来、犬の行動がおかしくなった」とか、 「仔犬のとき、激しく叱ったことがあるから、こういう問題が始まった」とか・・・犬の問題行動に「原因」を探るんです。 もちろん、「原因を見つける」ということは、私でも行います。 でも私が見つけようとする原因は、「犬の過去に受けた行動や行為」ではありません。「今ある原因」です。 「点」(現時点)です。 過去に遡って、原因を追究するのではありません。 でも多くの一般飼い主さんは、「犬の過去に受けた行動、行為」に原因を直結したがる傾向にあります。 『犬は点で生きている』ということは、以前のメルマガにも書いていると思いますが、 だからこそ、今回は掘り下げて『犬を点で見る』というテーマで書かせてもらいます。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • ドッグペディア・Doggies 911
  • 犬という生き物の心理を理解するための情報です。犬が分かれば犬は変わります。犬たちの思いを人間たちに伝えたい。本当の犬好きをもっと増やしたい、もっともっと幸せな犬を増やしたいという思いで書いてます。躾け本ではありません。飼い主さんへの教科書です。
  • 1,100円 / 月(税込)
  • 毎月 15日(年末年始を除く)
  • テキスト形式