メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.465]玉城デニー沖縄県政2年目の折り返し点ーー菅政権と戦って再選を果たすには?

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.465 2020.9.28                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1066》    玉城デニー沖縄県政2年目の折り返し点    ーー菅政権と戦って再選を果たすには? 【2】《CONFAB No.466》閑中忙話(9月20日~26日) 【3】《FLASH No.375》    河野氏への期待と警戒「マヨネーズ地盤」辺野古    問題の行方ーー日刊ゲンダイ9月24日付「永田町    の裏を読む」から転載 【4】《SHASIN No.410》付属写真館 ■■ INSIDER No.1066 2020/09/28 ■■■■■■■■ 玉城デニー沖縄県政2年目の折り返し点 ーー菅政権と戦って再選を果たすには? ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  この9月30日で玉城デニー沖縄県知事の丸2年の折り 返し点となるが、遠望する限りでは、安倍=菅両政権の 強圧策やコロナ禍など目先のことに追われて、2年後に 再選を果たすための総合的・立体的な戦略を立てるに至 っていないように見受けられた。そこで、先の連休中に 約1年ぶりに訪沖した機会に各方面の有力者や事情通10 数人と意見交換して現状と問題点を探ったので、その要 点を仮想Q&Aの形で報告する。 Q:玉城知事は元気なのか? 再選に向け着々手を打っ ているのか? A:元気でいつもニコニコと仕事をこなしていて、悩ん でいるとか、2年後に再選できるかどうか不安だとか、 そういった様子は全く感じられない。本来明るい性格な のだろうが、前回選挙で翁長同情票や若者浮動票が集ま って思いのほか差をつけて当選したので、やや楽観論に 傾いているかもしれない。そうだとしたら危険で、なに しろ相手は沖縄に対する意地悪を貫いてきた菅官房長官 が首相になるという沖縄から見たら最悪の事態であり、 彼がどんな陰険な手を使ってくるか分からない。すでに 6月県議選の後の県議会議長選で、自民・公明側は与党 の一角である「会派おきなわ」(旧県民ネット)に手を 突っ込んで赤嶺昇を押し立て、他の与党3派が推した崎 山嗣幸を敗るという奇策を用い、その結果「会派おきな わ」は一応は与党の立場をとっているが、事実上、中立 化され、残された与党3派は計22議席で、過半数を制す ることができなくなった。このように玉城県政崩しがす でに始まっているというのに、「何を仕掛けてくるか分 からない相手と戦っていくのだ」という緊張感・危機感 は、知事本人をはじめ周辺からは伝わってこない。 ★注:沖縄県議会は定数48。  沖縄・平和(社民・社大〕   8  共産             7  てぃーだ(翁長雄治、立憲など)7=与党計22  ――――――――――――――――――――――  会派おきなわ         3=中間派 3  ――――――――――――――――――――――  自民             19  公明             2  無所属            2=野党計23。 Q:これから大きな選挙として、まずは年内もしくは遅 くとも21年10月までの衆院選、22年7月参院選での伊波 洋一再選、22年9月のデニー再選があり、この間に22年 5月15日の施政権返還50年という大きな節目を迎える。 私の勝手なイメージを言うと、(1) 衆院選で1~3区を 再確保し4区を奪って全勝することが大前提、(2) 50周 年の日に向け、県民がこの50年をどう振り返り次の50年 にどう踏み出していくかの一大思想運動が必要で、1年 前からそれを盛り上げていく中で、(3) 22年参院選と知 事選を勝ち抜くーーという、選挙対策 ×政策構想 ×大 衆運動 ×多彩な学術・文化イベントとを立体的に組み 上げていくことが必要ではないか?
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日