メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

432回「韓国政府が小商工人に緊急災難支援金として1人200万ウォン出すが、一月の家賃代にすらない低支援!」

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)
  • 2020/09/20
    • シェアする
これによってただでさえ、雀の涙であった内需が壊滅。さすがにこれは厳しいと批判が殺到するも、韓国政府は強硬してコロナを阻止しようとした。そして、一定の成果は出たようで、どうやらソーシャルディスタンス2.5段階措置は14日に緩和されて2段階措置となった。ただ、余談は許さない状況は続いており、27日まで様子を見るといったところ。 しかし、経済活動をほとんど止めた損害があまりにも大きい。だからこそ、韓国政府は緊急災難支援金として3兆2000億ウォンを小商工人に給付したわけだが、実際、これは1人当たり200万ウォンであり、実際、ソーシャルディスタンス2.5段階措置の2週間での損失は1000万ウォンと全く焼け石に水という。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)
  • 数年ごとに起きるデフォルト危機。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。THAAD配備で米中と蝙蝠外交を続ける文在寅政権。日韓慰安婦合意もそのうち破棄される!? 中国の属国化へと突き進む2017年。並行してスタグフと失業率増加に悩まされる現実。そして、1400兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。管理人は家計債務危機で2020年に韓国経済が破綻すると予想している。 韓国経済の真の問題点とは何なのか?投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。
  • 319円 / 月(税込)
  • 毎月 第1日曜日・第2日曜日・第3日曜日・第4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)