【第1976】◆TAROの競馬ノート~回顧版2/中山芝の枠の有利不利を数字で少し振り返る~

【TAROの競馬】回収率向上のための競馬ノート
  • TARO
  • 2020/09/17
    • シェアする
◆◆◆------------------------------------------------------------------------------------------------------ ◆◆ 【TAROの競馬】回収率向上のための競馬ノート~回顧版2/中山芝の枠の有利不利を数字で少し振り返る~ ◆-----------第1976号 2020/09/17----------------------------------------------------------------------- --目次-------------------- 4、先週の開催のポイント&次走狙い馬&穴注目馬 5、馬場考察 6、全レースメモ -------------------------- こんばんは、TAROです。 もの凄くザックリした話なのですが、中山芝の変遷というのを少し確認します。 中山芝の12頭立て以上のレースでの枠別成績を見ると、時代による傾向の変化がよく見えます。 例えば枠別の勝率・複勝率を上位から並べて行くと、その年、時期によって馬場傾向の変化がよくわかります。 (芝で12頭立て以上のレース限定のデータ) 2009年 勝率1~3位 1→4→3枠 複勝率1~3位 1→2→3枠 (※8枠 勝率8位 複勝率8位) 2016年 勝率1~3位 4→8→6枠 複勝率1~3位 4→8→2枠 (※1枠 勝率8位 複勝率8位) 2019年 勝率1~3位 1→3→5枠 複勝率1~3位 1→3→4枠 (※8枠 勝率5位 複勝率7位) 中山芝の馬場改修後が2014年の12月~。 改修直後は良く差しが届いていた、外が伸びていたというのはデータでも証明されていて、2016年には、 「不利なはずの中山芝8枠が有利」
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 【TAROの競馬】回収率向上のための競馬ノート
  • ◆まぐまぐ有料版競馬系メルマガ読者数ナンバー1!◆ 【超人気ブログ・TAROの競馬の有料版】ただ儲かることのみを目的とせず、競馬を長く楽しみ勉強ながら、回収率アップを目指すメルマガです。不調の時期も、当たらない時期もありますが、馬の将来の見極めには定評あり!全重賞のフル予想&推奨馬券公開他、厳選の勝負レース予想に役立ち、かつ競馬を深く追求し楽しめるレースメモは必見。
  • 1,650円 / 月(税込)
  • 毎週 日・土曜日(年末年始を除く)
  • テキスト形式