メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.462]安倍の何が何でも石破が嫌だという個人感情が生んだ菅政権

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.462 2020.9.7                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1063》    安倍の何が何でも石破が嫌だという個人感情が生    んだ菅政権ーーこんなふうにして自民党は時代か    ら取り残されていく     【2】《CONFAB No.462》    閑中忙話(8月30日~9月5日) 【3】《FLASH No.372》    安倍“首相”になっても変わらなかった一知半解    の政界遊泳ーー日刊ゲンダイ9月3日付「永田町    を読む」から転載 【4】《SHASIN No.407》付属写真館 ■■ INSIDER No.1063 2020/09/07 ■■■■■■■■ 安倍の何が何でも石破が嫌だという個人感情が生んだ菅 政権ーーこんなふうにして自民党は時代から取り残され ていく ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  安倍晋三首相が仮に、失政を批判され総選挙で大敗し たとか、スキャンダルで身動きもとれなくなったとかで 辞任表明したのであれば、第2次安倍政権7年8カ月の 全期間を官房長官として支えてきた菅義偉は安倍と一緒 に真っ先に辞めるべき存在であって、後継者になれるは ずがない。たまたま安倍の辞任理由が病気であったため に、菅にもチャンスが転がり込んできたのである。 ●麻生の臨時代理でもよかったはずが  とはいえ、病気辞任の場合に最も自然かつ無難で何の 「政治空白」も生じないのは、麻生太郎副首相が来年9 月までの1年間、臨時代理を務め、その時点で本格的な 総裁選を実施するというコースであったはずではないの か。内閣法は第9条で「内閣総理大臣に事故のあると き、又は内閣総理大臣が欠けたときは、その予め指定す る国務大臣が、臨時に、内閣総理大臣の職務を行う」と 定めていて、その予め指定された職務代行者を俗に副総 理、副首相と呼んでいて、それが麻生だからである。  安倍も最初はそうするつもりだったようで、8月に入 った頃から何度も麻生と2人だけの時間をかけた会談を 行なっている。が、この案は不採用となった。最大の理 由は麻生の年齢で、今年9月20日で80歳となる彼は、た とえ1年間でも臨時代理を務める体力・気力を維持する のは容易でなく、まして来年9月の総裁選に立候補して その先も政権を続けることなどあり得ない。とすると、 その総裁選は岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長を軸と した戦いとなり、石破が勝つ可能性が出てくる。それが 安倍も麻生も死ぬほど嫌なのだ。そこで、岸田への政権 引き渡しという既定路線で行くことになった。 ●やっぱり岸田への政権譲渡にしようとしたが
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日