「自分はどこまでリスクが取れるか?」で何も持たない人間の運命が変わる

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
■ No.430 (2020年09月06日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 「自分はどこまでリスクが取れるか?」で何も持たない人間の運命が変わる - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - これまで順調に値を上げていたアメリカの株式市場だが、9月に入ってから突如として暴落を始めた。 特に激しく売られているのが今まで市場を牽引してきたナスダック市場のハイテク銘柄、そしてテスラのような極限まで買われてきた銘柄だ。 ちょうどアップルやテスラは株式分割を行ったばかりだったのだが、これによって1株あたりの価格が安くなって「買いやすい」と感じるようになった個人投資家が殺到して、すでに高値圏にあった株価をさらに押し上げていた。 そして、プロはこれを見て一気に株式を売却し、怒濤のハイテク株の下落が始まった。結局、調子に乗って買い上げていた素人がプロに食われるというお馴染みの光景が出現したのだった。 特にテスラの高騰ぶりはひどかった。PER(株価収益率)は一時「1054.89」となっていたのである。これは他の自動車メーカーよりも50倍から100倍も高値で買われていたということを意味する。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式