メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

☆セクシー心理学GOLD 第655曲~速効のタッピング療法2☆

★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  セクシー心理学GOLD   2020-09-02号  第655曲        速効のタッピング療法2 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ こんにちは。ゆうきゆうです! 今夜はこんな話をお読みください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ さて前回、こんな話をしました。 ○ 落ち込んだときは、自分の指で、自分の体を10回ずつタッピングすること。 ○ その際に「何々があったが、そのすべてを受け入れる」と思考で繰り返す こと。 ○ するとタッピングを終えたとき、最初よりも気持ちが楽になっていくのに 気づくはず。 今回はその話の続きです。 さて実際、試した方は分かると思いますが…。 タッピング療法を実行してみると、結構気持ちが楽になるものです。 この場合、何が原因なのでしょうか? その理由は三つあると考えられます。 ◆ タッピング療法が効く理由1「時間」 まずは時間です。 どんな感情や悩みも、あまり長時間は続きません。 なぜなら結局、どんな悩みも、脳内ホルモンによって起こっているから。 ここでどんなホルモンも、時間と共に減ったり、洗い流されたりしてしまいま す。 そもそも人間、ある一つの感情がずっと続いても、別にいいことはありません。 たとえば強敵に襲われたとしたら、一瞬だけ怒って反撃をして、相手がひるん だスキに、そのまま逃げるのが一番効率的です。 ずっと怒りが収まらなければ、エンドレスに戦い続けることになり、結果、ど こかで体力が切れて死んでしまうリスクだってあります。 悲しみも同じ。 つらいことがあったときに、少しだけ悲しみを感じて泣くことで、相手の同情 を引いたり、 持ちをスッキリさせる効果はあるかもしれません。 しかしやはり、エンドレスに泣いていたら、動くこともほとんどできず、いつ か栄養がなくなり、死んでしまうことでしょう。 どんな感情も、基本は一過性なのです。 それこそ「怒りのピークは6秒で過ぎ去る」という話もあるくらいです。 とても短いですね。 ですので何か、つらいことがあったり、何かの感情に囚われそうなときは、 「時間を過ぎ去らせる」ということは、大きな解決策の一つ。 よって「まずはタッピングをしよう」と心がけることで、一瞬、感情のことを 忘れるのです。 そしてこのタッピング、10秒から数十秒はそれを行うため、そのあいだに忘れ てしまうことも多い…というわけです。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • ★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★
  • 読むのはたった1号で構いません。 人間心理を裸にして、あやつる技術を、精神科医がお教えします。「伝説の美女・小野小町の使っていた心理技術」「人間を声だけで見抜く方法」「バレないウソをつく方法」などなど、読んでいるだけで楽しめるトピックが満載。一度でいいので、のぞいてみてくださいね。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 第1水曜日・第3水曜日(年末年始を除く)