安倍政権を「賞味期限切れ」にしてしまった要因と、アメリカ大統領選挙の行方

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
■ No.429 (2020年08月30日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 安倍政権を「賞味期限切れ」にしてしまった要因と、アメリカ大統領選挙の行方 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 2020年8月28日。安倍首相が辞任した。安倍政権に対しては賛否両論が渦巻いているのだが、この2013年から2020年までの7年8ヶ月の間、日本は期せずして「政治的安定」を手に入れていたということを覚えておく必要がある。 第二次安倍政権が始まるまで、日本は短命政権がずっと続いていたのだ。 第一次・安倍晋三内閣 366日 福田康夫内閣 365日 麻生太郎内閣 358日 鳩山由紀夫内閣 266日 菅直人内閣 452日 野田佳彦内閣 482日 どの政権も2年持たず、特に民主党政権になってからの政治的混乱は「もう日本は終わってしまうのではないか?」と思わせるほどひどいものだった。ふりかえると、この短命政権が続く時代、世界は激動にさらされていた。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式