メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.460]立憲・国民が合流して新党ができることへの私なりの感慨

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.460 2020.8.24                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1061》    立憲・国民が合流して新党ができることへの私な    りの感慨ーーある週刊誌の取材に応えての一人語    り 【2】《CONFAB No.460》    閑中忙話(8月16日~22日) 【3】《FLASH No.370》    踏んだり蹴ったりになりそうな首相最長不倒達成    記念日ーー日刊ゲンダイ8月20日付「永田町を読    む」から転載 【4】《SHASINKAN No.406》付属写真館 ■■ INSIDER No.1061 2020/08/24 ■■■■■■■■ 立憲・国民が合流して新党ができることへの私なりの感 慨ーーある週刊誌の取材に応えての一人語り ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  政治評論家の小林吉弥さんが、合流新党の党名につい て「あえて言う。『民主党』だね。なぜ〔その名前の党 で〕長持ちできなかったのかはっきりさせ、是正策をき っちり示せばいい。……今後の国づくりに具体的な骨太 の構想を打ち出さなくては」と語っている(21日付東京 新聞)のに賛成です。 ●初心に戻り「民主党」でいいのでは  民主党にも、1996年の旧旧旧民主党と98年に再結成さ れた旧旧民主党があり、さらに2003年に小沢一郎の自由 党を合併しての旧民主党があり、それが09年に政権交代 に成功して鳩山内閣が出来ました。それから菅直人、野 田佳彦と続く3年3ヶ月の民主党政権は、マスコミでは 「失敗」とばかり言われ、安倍晋三首相に至っては「悪 夢」とまで言い募ります。しかし私が思うには、08年の リーマンショッックによる2年間15兆円の思わざる歳入 欠陥、11年のこの世の終わりかと思うほどの東日本大震 災と福島原発事故という、世界史に残るような2つの超 危機に見舞われながらも、なおかつ新しい価値観に基づ く施策とそのための予算配分をいろいろな分野できめ細 かく実現していて、実はなかなかのパフォーオマンスだ った。今の安倍政権のコロナ対策のヨタヨタぶりよりか よほどマシだったというのに、それについてのきちんと した研究と総括がなされていないのを残念に思っていま す。その一端は、鳩山由紀夫さんと私の共著『民主党の 原点』(花伝社、12年刊)で触れています。が、いまは 詳しく述べません。  その後、16年3月に江田憲司さんらの旧維新の党が合 流することになって民進党になり、代表は短い期間に岡 田克也、蓮舫を経て17年9月に前原誠司になった。彼 は、目前に迫った10月総選挙で自党を勝たせる自信がな く、小池百合子の希望の党に全員合流することで何ぼか の議席を救えるのではないかという狂った妄想に取り憑 かれ、立憲と国民の分裂を招いた。この民進党への改編 も、希望の党への合流も、国民から見て何の意味もな い、永田町近辺での追い詰められた野党議員どもによる ドタバタ騒動にすぎなかったのです。  とすると、まず17年の希望の党騒動も16年の「民進」 合流も、永田町内の騒動であって、国民にとっては全く 無意味だったのですから、そこは飛ばして「民主党」ま で戻すという小林提案は正しいと思います。 ●しかし、どこまで立ち返るのか
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日