神垣あゆみ【仕事のメール心得帖】Vol.66 <メールの敬語>スッキリと敬語を使う

仕事のメール心得帖
今週は【 メールの敬語 】です。 要注意の「敬語の使い方」についてとりあげます。  1.お、ご、御 の使い方  2.続・お、ご、御 の使い方  3.へりくだりすぎる文章  4.過剰な丁寧さに注意!  5.長い方が丁寧か? ─────────────────────────────────── < スッキリと敬語を使う > 1.お、ご、御 の使い方 ─────────────────────────────────── 敬語の使い方について読者のかたから質問をいただいたので、紹介します。 <読者からの質問>------------------------------------------------  ■敬語表記の方法 『お、ご、御 の使い方』  ・お客様や、上司へメールで依頼事項を含む内容のメールを送る場合、    相手にお願いする場合 ; ご連絡ください。 ご確認願います。                 返信お願い申し上げます。    自分が何かをする場合 ; 連絡させていただきます。                  確認させていただきます。                  返信いたします。         といった使い方をしております。間違いは無いでしょうか?
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 仕事のメール心得帖
  • 仕事でやり取りするメールの基本、押さえていますか? レスポンスを早くし、コミュニケーションをスムーズにするメール対応のヒントを紹介します。 今まで何となく送っていたメールも、このメールマガジンを読んで即実践すれば、相手のこころに響くメールがするっと書けるようになります。好感度がアップするメール対応でコミュニケーション上手に! 仕事の能率アップで働き方を改善しましょう。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日
  • テキスト形式