メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

[高野孟のTHE JOURNAL:Vol.457]コロナ禍から半年余、そろそろ中間総括をしないと

高野孟のTHE JOURNAL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 高野孟のTHE JOURNAL Vol.457 2020.8.3                  ※毎週月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 《目次》 【1】《INSIDER No.1058》    コロナ禍から半年余、そろそろ中間総括をしない    とーーまずは「日誌」の整理から 【2】《CONFAB No.457》    閑中忙話(7月26日~8月1日) 【3】《FLASH No.367》    7条解散に異議「解散権」に関しては石破茂氏の     正論に期待ーー日刊ゲンダイ7月30日付「永田町    を読む」から転載 【4】《SHASINKAN No.403》付属写真館 ■■INSIDER No.1058 2020/08/03 ■■■■■■■■■ コロナ禍から半年余、そろそろ中間総括をしないと ーーまずは「日誌」の整理から ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  1月16日に新型コロナウイルスの感染が国内で初めて 確認されてから6カ月半が経ち、そろそろ中間総括をし なければならない時節である。が、それには余りに多く の検討事項があって到底一個人で成し遂げられることで はないので、まずはできるだけ詳しい出来事日誌を整理 してみることから始めよう。  コロナ禍そのものの展開過程としては、児玉龍彦=東 京大学先端科学技術研究センターがん・代謝プロジェク トリーダーの武漢型・イタリア型・国内型の3段階区分 が分かりやすい(図1 https://bit.ly/3k5u4so )。彼 が7月16日参院予算委員会に参考人として呼ばれて語っ たところによると、3月に東京で始まった感染は中国の 春節の旅行者由来であるのに対し、4月のピークは3月 の欧米からの帰国者がもたらした。下記の日誌で見る と、3月11日に米国が欧州からの入国を禁止し、また日 本でも欧州からの帰国者に症状が目立つようになった。 その後、輸入感染は自然に減り始めていたが無症状者で 残存し、6月からの広がりは、無症状者が持続的に増 え、特に免疫の出来にくいスプレッダーが増えた可能性 があり、日本国内に「エピセンター」が形成されてしま った。  エピセンター(図2 https://bit.ly/3k5u4so )と は、児玉によれば、無症状の感染者を含めて多くの人々 が出入りする、例えば新宿・歌舞伎町のように感染経路 を辿ることなど到底不可能な「感染震源地」と言えるス ポットが形成されて、そこからいくつものクラスターの 拡散が起こりうる状態を指す。「クラスター対策」を至 上とする厚労省のやり方では「エピセンター対策」はで きないので、そのために今の第2波爆発寸前の状態が醸 されている。  政治的な変転過程としては、
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 高野孟のTHE JOURNAL
  • 政治経済から21世紀型ライフスタイルまで、タブーなきメディア《THE JOURNAL》が、“あなたの知らないニュース”をお届けします!
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日