メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

200729 ビジネス知識源プレミアム:コロナショックで見えてきた日本企業の生産性の低さとIT化の遅れ

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■   <1ヶ月にビジネス書5冊を超える知識価値をe-Mailで>    ビジネス知識源プレミアム(週刊:660円/月):Vol.1080  <1080号:コロナで明らかになった、          日本企業の生産性の低さとIT化の遅れ>  2020年7月29日:     生産性の問題と、DX(デジタル・トランスフォーメ―ション) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去の論考/業務の案内 http://www.cool-knowledge.com/ 有料版の登録/解除  https://mypage.mag2.com/Welcome.do  購読方法や届かないことについての問い合わせ      → reader_yuryo@mag2.com  著者:Systems Research Ltd. Consultant吉田繁治  著者へのメール    yoshida@cool-knowledge.com  *スマホ用の改行なしと、PC用の改行ありを送っています。 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ コロナは、長所も短所も仕事と生活のさまざまな問題を、あぶりだしています。水が減って(・・・売上が減って)、雑魚が跳ね、湖底の泥の底があらわれてきているような感じを受けています。その中で今後の日本人にとっての、最大問題は、資産バブル崩壊の1995年以降伸びていない「産業の生産性」の問題でしょう。 【GDPとは】 「GDP=生産性×労働者数=企業と世帯の所得=需要=商品の付加価値生産」です。これがGDPの三面等価、つまりGDP=生産=所得=需要といわれるマクロ経済の基本原理です。 【米ドル換算でのGDP】 1995年から2019年の、ドル換算の日本GDPは以下です。ドル換算で示すのは、国際的な比較による日本の産業の、評価のためです。 1995年の名目GDPは5.5兆ドル(1ドル106円換算で583兆円)でした。24年後の2019年は、5.2兆ドル(同551兆円)であり、減っています。ドルで見るのは、ドルが、国際的に認められた基軸通貨(国際的な決済に使う通貨)だからです。基軸通貨は、世界各国が標準的なものと評価するものです。 【ドルに対する円の下落が33%だった(1995年→2019年)】
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで
  • ●最新かつ普遍的なビジネスの成功原理と経済・金融を、基礎から分かりやすく説いて提供 ●時間がない、原理と方法の本質を知りたい、最新の知識・原理・技術・戦略を得たいという方に ●経営戦略・経済・金融・IT・SCM・小売・流通・物流を、基礎から専門的なレベルまで幅広くカバー ■新規申込では、最初の1ヶ月間が無料です。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎週 水曜日