Vol.31 垣屋美智子の「キイトク」---「ハケンの品格」加齢考慮なし/アナリスト目線で凄い会社/タイガーマム

垣屋美智子の「キイトク」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 垣屋美智子の「キイトク」 Vol.31 - 2020年7月19日 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 毎月 第1月曜日・第3月曜日発行 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ おはようございます!垣屋美智子です。 さて今回は以下の内容でお届けします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.31 - 2020年7月6日号の目次 ・「ハケンの品格」が残念なのは加齢が考慮されていないから ・アナリスト目線ですごい会社 ・終わりに:私はタイガーマム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■「ハケンの品格」が残念なのは加齢が考慮されていないから おはようございます!7月第3月曜日です! 皆さん見ているかわからないですが、ドラマ「ハケンの品格」が始まりました。 Season1を見ていた私からすると、主人公で篠原涼子扮する大前春子がどうなったか、自分と比べてどう成長しているのか、放送前は古い友人に会う前のようにちょっとドキドキしていましたが、結果としては、全然変わっていない大前春子に拍子抜けというところでしょうか。 Vol.30で、「もともと会社に依存した働き方でなく、自分のライフステージにあった働き方を推奨しています」と書きましたが、更に資格を増やしてスーパー派遣を極めるのはちょっと違うなあと感覚的に思っていました。 ただ、何が違うのかいまいち自分でも説明できなかったのですが、今週、15年前の上司と一緒にお仕事をする機会があり、そこで腑に落ちました。 15年前、その上司が私の課の課長だった時、「自分が出世している理由は、仕事を依頼された時に、相手が何を望んでいるのかを考えて仕事をする」と言っていたのをずっと覚えていますと伝えましたら、「そういう時もあったなあ、今は違うな」と言っていました。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 垣屋美智子の「キイトク」
  • 垣屋美智子です。証券アナリストとして10年間従事した後、現在、スタートアップ企業の財務面・経営面での支援をしたり、執筆・講演活動をしています。経済状況の変化をリアルタイムに感じる環境で過ごしている分、生き方、働き方、子育て等にどう影響するか、書きたいことは沢山あります。メルマガならではのQ&A形式で、限定した読者との場だからこその、深堀りした考え、とっておきな情報を絡めて回答します。たまにここだけに留めたい話も特別号として号外を発行予定。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第3月曜日
  • テキスト形式