ジャック・マーも保有株を売り、バフェットも買わず、ゴールドは上がる時代

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
■ No.423 (2020年07月19日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 ジャック・マーも保有株を売り、バフェットも買わず、ゴールドは上がる時代 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - アメリカは中国発コロナウイルスの感染拡大が止まらない。2020年7月16日も、17日も、連日、新規感染者が7万人を超える事態と化している。死者も増加している。テキサス州では遺体を安置する場所がなくなることも見越して、冷凍トラックも活用するような話をするようになっている。 失業者は6月の時点で143万人。ロックダウン明けで就業者数が増えて「経済は急回復するはずだ」という声もあったが、7月に入って感染者数が再び増加する状況の中で、物事はそう簡単な話ではないことを人々は知るようになった。 コロナウイルスを世界にばら撒いた中国は、いち早く感染拡大を収束させたと当局は発表している。しかし、中国政府の数字は徹底的に隠蔽と捏造されたものであって、まったく何の意味もない。もう誰も中国当局が発表する数字なんか見なくなった。 私たちが外から中国を見る限り、中国もまた芳しい経済状況ではない。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式