メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

200701 ビジネス知識源プレミアム:長期化する新型コロナと対策としてのMMTの間違い

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■   <1ヶ月にビジネス書5冊を超える知識価値をe-Mailで>    ビジネス知識源プレミアム(週刊:660円/月):Vol.1076   <1076号:長期化する新型コロナと、対策としてMMTの間違い>  2020年7月01日:    2020年から24年の財政と金融の問題の、可能性シリーズ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 過去の論考/業務の案内 http://www.cool-knowledge.com/ 有料版の登録/解除  https://mypage.mag2.com/Welcome.do  購読方法や届かないことについての問い合わせ      → reader_yuryo@mag2.com  著者:Systems Research Ltd. Consultant吉田繁治  著者へのメール    yoshida@cool-knowledge.com  *スマホ用の改行なしと、PC用の改行ありを送っています。 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ はやくも7月、時折、狂暴化している梅雨から、やりきれない暑さの盛夏に向かっています。自然は時間の進行を止めない。1月末から始まったコロナショックすでに半年。最初は、第一波で収まると見ていましたが、厄介なウイルスであることが、2月には当方にも分かりました。 専門家会議での「無症状のひとからも感染する」という見解を、政府側は、「国民にパニックを起こす」として発表を抑えていたことが明らかになっています。これと類似する「1年以上の長期戦になる」という判断も、削除されたのです。「反政府」の面も、ちらちら出てきた専門家会議を、政府は、尾身茂副座長には告げず解散しました(普通はありえないことです)。 メディアは、6月の、経済とコロナを含む全体現象に対して「(先行きの)不透明感が増している」という見解で一致しています。不透明とは、先行きが分からないということでしょう。では、ここで問いたい。 「不透明ではなく、人の見通しが確かな時期はあったのか」ということです。 2年前でしたか、日経平均について、システムトレードのプログラムを作るため、過去25年(東証の営業日で5000日)の平均指数を調べました。前日比で上がった日と下がった日の分布です。結果は、予想外でした。下がった日2500日:上がった日2500日だったのです。 ラスベガスの奇数・偶数のルーレット、あるいは丁半の賭博と同じです。ウォール街では、「ランダムウォーク(酔っぱらいのふらふら歩き)」としていました。つまり、いつも「先行きは不透明」だったのです。 ただし、価格の上下の割合には、明確に違いがある時期がありました。株価の標準偏差をとってみると、変係係数(=標準偏差÷移動平均)が大きな時期と、小さい時期がある。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで
  • ●最新かつ普遍的なビジネスの成功原理と経済・金融を、基礎から分かりやすく説いて提供 ●時間がない、原理と方法の本質を知りたい、最新の知識・原理・技術・戦略を得たいという方に ●経営戦略・経済・金融・IT・SCM・小売・流通・物流を、基礎から専門的なレベルまで幅広くカバー ■新規申込では、最初の1ヶ月間が無料です。
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎週 水曜日