【渡辺勝幸3568号】「利水ダムを活用した新たな治水のあり方」(日本総研JRIレビュー)

渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン   第3568号 令和2年6月21日(日)発行   発行部数 11,737 部 【「利水ダムを活用した新たな治水のあり方」(日本総研JRIレビュー)】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【「利水ダムを活用した新たな治水のあり方」(日本総研JRIレビュー)】 「利水ダムを活用した新たな治水のあり方 ─2019年台風19号襲来時の信濃川水系のリスクシナリオに基づく検証と提言」 (日本総研JRIレビュー Vol.8,No.80 2020年06月19日 石川智優) ⇒ https://www.jri.co.jp/page.jsp?id=36575 昨年の台風19号は大きな被害をもたらしました。 宮城県においてもとりわけ丸森町などでは、 今もなお復興を進めている途上です。 治水は政治にとって大きなテーマですが、 本レポートでは、シミュレーションをした結果、 治水ダムに加え、利水ダムに洪水調節機能を加えることで、 被害を防ぐことができるということがわかりました。 利水ダムの治水利用は、いま政府でも検討されていますが、
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
  • 【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。9年以上、3,500日以上連続でメルマガを書いています。政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)44歳。起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。
  • 660円 / 月(税込)
  • 日刊