2020年がバラ色の年であるとは思っていないのに米国株に投資をする3つの理由

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
■ No.418 (2020年06月14日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 2020年がバラ色の年であるとは思っていないのに米国株に投資をする3つの理由 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 2020年6月11日。久々に大きな暴落が来ていた。DOWはマイナス6.9%、市場を牽引していたハイテクやバイオ株の多いNASDAQも5.2%一気に暴落し、市場は文字通り「売り一色」だったと言える。 アメリカの株式市場は、FRBの無尽蔵な金融緩和によって2020年3月からずっと上がってきていて「何を買っても上がる」ような状況だった。 実体経済はボロボロであり、今も何一つ問題は解決していないのに、この三ヶ月は株価だけは怖いもの知らずで上がっていた。 「こんな状況はおかしい」と言われながらも相場だけはどんどん上がるので、一部の投資家は「もうコロナショックなんか終わった」と豪語していた。もう暴落はなく、これからどんどん上昇するという錯覚を持っていた投資家もいた。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式