非効率のビジネスモデル

マンさんの経済あらかると
  • 2020/05/29
    • シェアする
非効率のビジネスモデル 「コロナで集客に限界」  全国で緊急事態宣言が解除され、部分的に経済が再開し始めました。それでも、繁華街の人出はコロナ感染前の半分にも満たないところが多いと言います。コロナ自体が消えたわけではなく、感染リスクを抱えながらのウイルスとの共生を余儀なくされます。そこでのビジネスモデルは、感染前とは異ならざるを得ません。特に集客商売においては、効率を差し置いても安全を確保せざるを得ません。  銀座の老舗おでんやは、客席を半分にして、客同士の「密」を回避しています。6月19日開幕と言われるプロ野球でも、例えば東京ドームは客席を1列おきにするか、隣の席を空けるかの対応が必要になります。映画館やコンサートホールも従来の「満席」は感染リスクを高めるため、まばらにしなければなりません。 多くの客を集めて効率よく、競争的な価格を設定して利益を上げる従来のモデルが通用しなくなりました。コロナと共生するためのビジネスモデルを考えざるを得なくなりました。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • テキスト形式