再燃した香港での米中戦争リスク

マンさんの経済あらかると
  • 2020/05/27
    • シェアする
再燃した香港での米中戦争リスク  米国が売った喧嘩を中国が買ったとも言えますが、香港の自由を奪い中国化を進める意図の中国による「国家安全法案」は、米国の対中国強硬論をさらに刺激します。まさに中国は「火に油を注いだ」可能性があります。 「全人代が国家安全法案」  中国は長らく延期されていた全人代(日本の国会に相当)を先週22日に開会しましたが、ここで香港マカオの監督強化、中国化を意図した「国家安全法案」を提示し、世界を驚かせました。これはいわば日本が戦前に発布した「治安維持法」に相当し、国家の分裂、転覆を意図した行為を厳しく取り締まるもので、これを香港に導入すると、「一国二制度」は崩壊し、香港の自由は完全に消滅します。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • テキスト形式