Q. ECサービス11個のテイクレートをビジネスモデル別に比較してみた結果は?

決算が読めるようになるノート
新着記事を(無料で)Facebookメッセンジャー・LINEへお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookメッセンジャー:https://m.me/irnote LINE:https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g ---------------------------- ヒント: マーケットプレイス型(C2C):●%~●%程度 マーケットプレイス型(B2B2C×SaaS中心):●%~●%程度 マーケットプレイス型(B2B2C×決済手数料中心):●%~●%程度 マーケットプレイス型(B2B2C×広告中心):●%~●%程度 一括りにECサービスと言っても、ビジネスモデルによって、テイクレートの差は●倍にもなることが分かりました。 答えは後ほど。 この記事はYusuke Gotoさんとの共同制作です。 今日は、日本と海外の11個のECサービスを4つのビジネスモデルに分け、テイクレートを算出し、ビジネスの特徴を読み解いていきます。 テイクレート = 売上 ÷ 取扱高(GMV)で計算します。 今回対象とする企業は以下の11社です。 1:マーケットプレイス型(C2C) ・eBay ・メルカリ
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 決算が読めるようになるノート
  • アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。
  • 1,001円 / 月(税込)
  • 週2回程度
  • HTML形式