敵を知り己を知らば百戦危うからず

マンさんの経済あらかると
  • 2020/05/01
    • シェアする
敵を知り己を知らば百戦危うからず 「コロナ戦争を戦えるリーダー待望」  世界は今、新型コロナウイルスとの戦争に入っています。戦争に際しては「敵を知り己を知らば百戦危うからず」と言います。孫氏の言葉です。しかし、海外の国から見ると、日本は何とも呑気で、大きなリスクをとっている。神頼みで、幸運を祈る政治をしているようにしか見えない、との批判が多く聞かれます。  実際、新型コロナウイルスという敵を甘く見たか、当初から水際作戦に失敗し、敵がいつどのように入り込んだのか、その敵が今どこに潜んでいるのか、どれほどの殺傷力を持っているのか、弱点はどこにあるのか、従ってどんな武器が有効か、戦時下の宰相に求められる分析がほとんどなされず、「専門家」任せでした。その専門家も、政府への忖度抜きで提言しているようには見えません。  敵をいち早く封じ込めた国がコロナ戦争にも勝利する、と見られていますが、日本国内ではお隣の中国や韓国の例を見ながらも、彼らには冷ややかで、日本はそんなことをしなくても神が守ってくれる、大したことにはならない、との根拠なき楽観論が広がっていました。敵を知らないまま、己も知らなければ、はなから戦う体制ができていません。今こそ戦える戦時宰相が求められます。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • マンさんの経済あらかると
  • 金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
  • テキスト形式