『セッション』Vol.56 伝わるアイデアは、何が違うのか?

堀口ひとみ「セッション」
2020年4月30日発行 堀口ひとみ 『 セッション 』 Vol.056 §目次 … 1. 復習:俯瞰的質問:チャンクアップ … 2. 伝わるアイデアは、何が違うのか? … 3. Weekly Challenge … 4. Q&A … 5/3 21:00~まぐまぐLive します。 おはようございます。 これからは、時代の先を見据える力が、ますます必要になってきているのを感じます。そこで今週は、「伝わるアイデアは、何が違うのか?」について考察していきます。 (中略) ■2. 伝わるアイデアは、何が違うのか? あなたは、アイデアを伝えることはありますか? 「こうしてみたらいいんじゃない?」と。「こっちの服のほうが似合うんじゃない?」よりも、もっと大きな提案です。 私が独立をする直前のこと。勤めていたアパレルの取締役から 「堀口さんは、そのうち生き方を提案していくんでしょうね」 と言われたことがありました。 その時の私は、アパレル店長の延長線上の仕事を考えていたので、アパレルのコンサルとか、販売員、店長のコーチングなどをするつもりだったので、「生き方提案」と聞いて、ずいぶん大きいことを言われるなぁと、嬉しさと、でもどうしたら実現するんだろうが、入り混じった心境になりました。 しかし、今となって「ONE DAY ONE UNIT」というコンセプトで、「今を生きる」ことや、「自己基盤を整える」ことなど、気づけば、生き方を提案していたのです! 営業コンサルの仕事をされているクライアントさんが、傾聴力の必要性を感じられて、私のセッションを受けていらっしゃいます。現状の傾聴力は、お客様との電話の時間も長いようですし、オフラインでの新規顧客獲得の成績もいいほうですから、話を聴くことは好きなほうだそうです。 しかし、これからしばらくは、オフラインでは訪問できなくなってきたため、今のお客様の相談相手としてのスキルも、必要に迫られてきたようです。そこで、自分の強みをもう少しわかっておきたいとのことでした。 (後略)
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 堀口ひとみ「セッション」
  • 2020年7月からの『セッション』は、ラジオのようになりました。お子さんでもわかりやすい内容になっていますので、ご家族でご視聴いただけると思います! ご興味ある方は購読してみてください! 学校では教えてくれない傾聴センスを身に着けよう! 一月あたり880円の自己投資(購読料)で日常生活に欠かせない傾聴力が学べます!Why not? ◎まぐまぐ大賞2019 知識・ノウハウ部門で3位受賞。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 木曜日(年末年始を除く)
  • HTML形式