メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

☆セクシー心理学GOLD 第647曲~自ら爪を抜く鷹の話☆

★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★
あなたは人生のどこかで失敗をしてしまうこともあるかもしれません。 そんなときのために、ヒントになるような話をします。 ◆ 鷹の話。 あなたは、こんな話をご存じでしょうか。 実は野生の鷹には二種類いるそうです。 一つが、40歳で死んでしまう鷹。 もう一つが、70歳まで生きる鷹。 ずいぶん違いますね。 しかしこの二種類とも、別に違う種族の鷹というわけではありません。 同じ種族の鷹であっても、40歳で死んでしまう鷹もいれば、70歳まで生きる鷹 もいるわけです。 ではこの二種類、なぜこのような差が生まれるのでしょうか? 実は40歳になったころ、鷹の爪・くちばし・羽はすべて衰えています。 そのため、放っておくとどんどん朽ちていくのみで、ただ死を待つしかありま せん。 しかし、一部の鷹は違います。 彼等はまず、自ら自分のくちばしを岩にぶつけて、砕きます。 するとくちばしは壊れますが、しばらくすると、新しいくちばしが生えてきま す。 今度はその新しいくちばしで、彼等は自分の爪を抜きます。 すると同じく、新たな爪が生えてきます。 次にその爪で、自分の羽をブチブチと抜いていきます。 そうしますと、やはり新たな羽が生えてくるわけです。 すなわち、「自ら自分の今までを壊し、新たに成長できた鷹」こそが、さらに イキイキと長生きしていくことができる…ということになります。 これ、非常に面白い話だと思いませんでしょうか。 ◆ 寓話として。 とはいえ、実際の鷹の生態的に、こんなことはないそうです。 そもそも鷹の寿命はせいぜい14~20年くらいで、自らくちばしを折ったりする、 ということもありえないとか。 よって実際の生態というより、「一つの寓話」くらいに取った方がいいかもし れません。 とはいえ、なかなかに含蓄深い話であり、そこから学び取れる教訓そのものは、 人生にとって役立つものではないかな、と思います。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • ★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★
  • 読むのはたった1号で構いません。 人間心理を裸にして、あやつる技術を、精神科医がお教えします。「伝説の美女・小野小町の使っていた心理技術」「人間を声だけで見抜く方法」「バレないウソをつく方法」などなど、読んでいるだけで楽しめるトピックが満載。一度でいいので、のぞいてみてくださいね。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 第1水曜日・第3水曜日(年末年始を除く)