2020年4月17日号(Vol.105)-危機対応の交渉術 (2) &コロナウイルスの感染拡大が問うグローバリズムの命運

最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』
第105(2020年4月17日号) 最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』 さて、今週号のメルマガですが、 まず、第1部【無敵の交渉・コミュニケーション術】のコーナーでは、 先週号に引き続き、FBIでも教える【危機状況での交渉術(Crisis Negotiation Skills)】についてお話しいたします。 数回にわたってご紹介するCrisis Negotiation Skillsは、テロリスト対策や誘拐犯、 銀行強盗犯などに対する特殊な交渉で用いるスキルというよりは、 実は緊迫した外交交渉や日々のビジネスや生活での交渉・コミュニケーションにも有効なスキルです。 そして、第2部【国際情勢の裏側】のコーナーでは、 【コロナウイルスの感染拡大が問うグローバリズムと自国中心主義の綱引き】について、多方面からお話しいたします。 世界経済回復への道程はどのような形でいつ見えてくるのか。コロナウイルスの感染拡大が止まるのはいつか。 そしてグローバリズムや国際協調の”未来”は? 他には、最近、再度挑発が活発化してきた【北朝鮮の動向】や、 【原油価格の下落を止めるためのOPEC Plusの協調減産とアメリカの出方】 についても取り上げます。 そして第3部では、久々に私から読者の皆さんへの質問もあります。 今週もよろしくお願いします!
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』
  • 世界各地の紛争地で調停官として数々の紛争を収め、いつしか「最後の調停官」と呼ばれるようになった島田久仁彦が、相手の心をつかみ、納得へと導く交渉・コミュニケーション術を伝授。今日からすぐに使える技の解説をはじめ、現在起こっている国際情勢・時事問題の”本当の話”(裏側)についても、ぎりぎりのところまで語ります。もちろん、読者の方々が抱くコミュニケーション上の悩みや問題などについてのご質問にもお答えします。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 金曜日(年末年始を除く)
  • テキスト形式