『セッション』Vol.54 提案するときの心得。

堀口ひとみ「セッション」
2020年4月16日発行 堀口ひとみ 『 セッション 』 Vol.054 §目次 … 1. 復習:俯瞰の視点はニュートラル。 … 2. 提案するときの心得。 … 3. Weekly Challenge … 4. Q&A おはようございます。 これからの未来は、個が協力しあう時代へとなっていくようです。私がアパレル店長の時、一般的なリーダーシップのイメージとは違い、個の強みを生かしていくやり方で成果を上げました。なので、誰がリーダーかよくわからず、(笑)私は一度も「店長」とスタッフから呼ばれたことがありませんでした。私も呼ばれなくてよかったと思っていました。 そのようなフラットな人間関係を築くには、「相手の話をよく聴くこと」が大事です! 今日もしっかりものにしていきましょう! (中略) 提案する時、受け取る側のことをものすごく考えます。どうしたら、伝わりやすいか? 相手に否定のニュアンスにならないようになど、相手の立場を想像することは大事なことですね。でも、そこを考えすぎると、何も言えなくなってしまいますが…。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 堀口ひとみ「セッション」
  • 2020年7月からの『セッション』は、ラジオのようになりました。お子さんでもわかりやすい内容になっていますので、ご家族でご視聴いただけると思います! ご興味ある方は購読してみてください! 学校では教えてくれない傾聴センスを身に着けよう! 一月あたり880円の自己投資(購読料)で日常生活に欠かせない傾聴力が学べます!Why not? ◎まぐまぐ大賞2019 知識・ノウハウ部門で3位受賞。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 木曜日(年末年始を除く)
  • HTML形式