Vol.21 垣屋美智子の「キイトク」特別号---学校休校。インターナショナルスクールではどのように授業が行われるか

垣屋美智子の「キイトク」
こんばんは!垣屋美智子です。 今日は年度末。振替ってみると今年度も色々ありましたが、この1ヶ月はコロナの影響もあり、すっかり先行き不安が広がっているような状況ですね。 そんな中、私が気になるのは明日からの新年度、休校だった学校が再開されるかどうか? 企業がリモートワークにシフトしていく中、今度は子供が学校再開というのもおかしい話だと思う一方、これ以上子供の教育の機会を奪うことも出来ないという複雑な気分です。 企業においては企業主導でリモートワークへの強制的なシフトが始まっていますが、経済活動と同じように学校教育の継続も重要です。 新年度に入り、学校は通常通り再開するかもしれませんが、その継続性は定かではありません。学校教育にも強制的なリモートシフトが必要なタイミングなのではないかと考えています。 私も小学生を二人持つ親として、政府の学校休校の発表に影響を受けていますが、幸いなことに、学校側がリモート授業にシフトしたことで、子供は通学しなくても授業を継続し、学習の機会という意味で大きな影響を与える状況にはなっていません。 そこで今回の特別号では、今回どんな形で学校側がリモート授業に対応し、日々どういう風に過ごしているかご紹介したいと思います。 〇オンラインラーニングでも授業は普段通りの流れ 私の子供はインターナショナルスクールに通っています。そして、娘たちの学校では「休校」にはならず、登校を伴わない形で「オンラインラーニング」という形式を使い、今も毎日授業が行われています。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 垣屋美智子の「キイトク」
  • 垣屋美智子です。証券アナリストとして10年間従事した後、現在、スタートアップ企業の財務面・経営面での支援をしたり、執筆・講演活動をしています。経済状況の変化をリアルタイムに感じる環境で過ごしている分、生き方、働き方、子育て等にどう影響するか、書きたいことは沢山あります。メルマガならではのQ&A形式で、限定した読者との場だからこその、深堀りした考え、とっておきな情報を絡めて回答します。たまにここだけに留めたい話も特別号として号外を発行予定。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第3月曜日
  • テキスト形式