Q. 携帯キャリア4社の5Gビジネスの戦略とは?

決算が読めるようになるノート
新着記事を(無料で)Facebookメッセンジャー・LINEへお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookメッセンジャー:https://m.me/irnote LINE:https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g ---------------------------- A. ドコモ: C(消費者)向けエンタメ領域中心とした、幅広いパートナー提携 KDDI: IoT技術中心とした、B(企業)向けソリューションや地方創生事業展開 ソフトバンク: 設備投資効率重視、MaaS領域プラットフォーム展開 楽天: ネットワーク仮想化による基地単価削減、楽天エコシステム拡大 この記事はHiroki Shigemuraさんとの共同制作です。Hiroki Shigemuraさんは、エンジニア、プロダクトマネージャーを経て、現在は複数のスタートアップ企業でデータサイエンティスト等を兼任されているデータ分析にもテクノロジーにも知見の深い方です。Hiroki Shigemuraさんのnoteはこちら。 いよいよ今年から5Gの実用化が予定されています。そこで本日は、4大キャリアのドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の4社が、どのように5Gビジネスを展開していくのかを予想・分析したいと思います。 株式会社NTTドコモ「2019年度 第3四半期決算データ集」 ソフトバンク株式会社「2020年3月期第3四半期データシート」 KDDI株式会社「2020年度3月期第3四半期決算詳細資料」 楽天株式会社「2019年度通期及び第4四半期 決算短信」
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 決算が読めるようになるノート
  • アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。
  • 1,001円 / 月(税込)
  • 週2回程度
  • HTML形式