Vol.20 垣屋美智子の「キイトク」---コロナ影響で狙う形勢逆転と英才教育/日経平均大暴落で伸びる業界

垣屋美智子の「キイトク」
おはようございます!垣屋美智子です。 さて今回は以下の内容でお届けします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.20 - 2020年3月16日号の目次 ・コロナ拡大期に狙うゲームチェンジと垣屋流・自宅で行う英才(?)教育 ・日経平均も大暴落!これから伸びる業種・事業を考える ・今週の気になるニュース:イギリスの超独自路線、ベンツのサブスク ・終わりに ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■今週のお知らせ 東洋経済オンラインに記事が掲載されました↓ 日本企業で「30代年収1000万円」が至難のワケ 5年でプロになれる外資系企業とここが違う - 東洋経済オンライン https://toyokeizai.net/articles/-/329760 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■コロナ拡大期に狙うゲームチェンジと垣屋流・自宅で行う英才(?)教育 おはようございます!3月第3月曜日です! コロナウィルスのニュースも連日続き、終息どころか世界中に拡大していますね。 こうなると、心配されるのは経済への影響。 昨年11月号「景気悪くなってない?」(https://www.mag2.com/archives/0001688023/2019/11)で景気の先行き不安と景気が悪くなったら起こすべきアクションについて書きましたが、今回のコロナウィルスの影響で、「景気悪くなっているよ」としてよいでしょう。すでに、1-3月の状況の国内企業の業績は下方修正が増えています。 今回やっかいなのは、コロナウィルスの影響がじわじわと出始めても、まだそのウィルス自体の実態も分からないところです。例えばリーマンショックであればリーマン証券が破綻した時、東日本大震災であれば3・11など、潮目が変わった日が明確なのに対して、今回は、いつが潮目で、いつから回復モードと言えるのかまだわかりません。 暗い気分になりがちですが、やっぱり、こういう時こそ、違う目線で物事を考えてみたいじゃないですか。本日は頂いた質問でも、コロナ終息後のゲームチェンジ(形勢逆転)の考え方について書きましたので、是非読んでください。 また、私自身も、この状況を逆手にとって新しいことを始めてみました。 昨年末に「PC三昧の娘への英才教育」(https://www.mag2.com/archives/0001688023/2019/12)  で冬休み中、家にいる娘が起業するという話を書きましたが、結局12月は私が忙しすぎて色々サポート出来ず、頓挫しそうになっていました。そして、今回、学校休校で娘たちも急に暇になったので、いっきに起業してしまいました。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 垣屋美智子の「キイトク」
  • 垣屋美智子です。証券アナリストとして10年間従事した後、現在、スタートアップ企業の財務面・経営面での支援をしたり、執筆・講演活動をしています。経済状況の変化をリアルタイムに感じる環境で過ごしている分、生き方、働き方、子育て等にどう影響するか、書きたいことは沢山あります。メルマガならではのQ&A形式で、限定した読者との場だからこその、深堀りした考え、とっておきな情報を絡めて回答します。たまにここだけに留めたい話も特別号として号外を発行予定。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 第1月曜日・第3月曜日
  • テキスト形式