『 炭素貯金(下) 』 植林や森の育林を例にして「炭素貯金」の話をしたが、実際の木々の成長は一直線ではない。(図1)にあるように、 炭素の吸収は成長の時期によって異なる のだ。 一番炭素を吸収して育つのは 植えてから20年ほどたった頃 で、その後40年生になるころまで成長が続く。その後は成長しなくなり、80年生を超えるとほとんど炭素を吸収しなくなっていく。だから温暖化防止だけ考えれば古い木には意味が少ないのだが、木の性質は年月とともに変わっていく。 たとえば秋田県の「わっばめし」で有名な「秋田スギ」で作る輪っぱ(わっば)は、通常200年ほど経ったスギで作る。 そうでないと粘って輪に曲げられる板になららないこと、そして抗菌性の高いスギにならないためだった。地域の伝統工芸品「大館曲げわっぱ」の材料となる天然秋田杉に替わる木材資源を育成するために、大館市では「大館曲げわっぱ150年の森育成事業」という事業を開始している。 また、 more trees (モアトゥリーズ、代表は坂本龍一氏)の紹介する鳥取県の 智頭町 の「100年スギ」は強く粘りがあり、耐久性に優れると言われている。実際狂いが少なくなり、使いやすい木材となる。その用途によって性質が異なるのだ。早く育てるだけが良いわけではない。 スギの成長の炭素吸収量を曲線で表すと、(図2)のようになる。 各年毎の吸収量では20年を超えたところにピークがあるが、未だ使える木材にはなっていない。成長が鈍くなった40年から60年の間が通常の伐採期になる。 二酸化炭素排出量を考えた建築をする場合、 木造で建てるのが最も二酸化炭素量が少ない (図3)。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 田中優の‘持続する志’(有料・活動支援版)
  • 環境活動家、田中優(たなかゆう)の有料・活動支援版メルマガです。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などのさまざまなNGO活動に関わり、日本で初めてのNPOバンクを作りました。経験と知識と綿密なデータを基に、独自の視点で生み出した社会の新しい仕組みづくりのヒントや国内外を取材したお話をご紹介します。頂いた購読料の一部を、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。 ★まぐまぐ大賞2017 専門情報部門にて【第1位】 ★まぐまぐ大賞2018 専門情報部門にて【第2位】 ★まぐまぐ大賞2019 専門情報部門にて【第3位】 を頂きました!
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎月 15日・30日
  • HTML形式