新型コロナへの対処法は「中国断ち」をした台湾に学べ/新型肺炎の責任を日本に押し付けはじめた中国

黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」
○●――――――――――――――――――――――――――― 黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」        2020年03月05日号(第329号) ―――――――――――――――――――――――――――●○ 【お詫び】昨日がメルマガ配信日でしたが、編集の都合上、翌朝配信となってしまいました。配信が遅れましたことを謹んでお詫び申し上げます。 はじめに  中国発の新型肺炎の世界的な感染拡大がますます深刻化しています。そのなかで見えてきたのは、いち早く「中国断ち」した台湾が被害を最小限に抑え、国の内外から高い評価を得ているということです。  逆に、中国に忖度して中途半端な対応をした国は、被害が拡大するばかりか、中国に付け込まれて、感染拡大の元凶であるかのような印象操作すらされています。  今回のメルマガではそのことについて述べています。  その他、盛りだくさんの内容でお送りします。 今週の目次 1 今週のニュース分析   ☆【台湾】新型コロナへの対処法は「中国断ち」をした台湾に学べ   ☆【世界】新型肺炎の責任を日本に押し付けはじめた中国 2 ローマ帝国と中華帝国 第65回(ユーラシア編)
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 660円 / 月(税込)
  • 毎週 水曜日
  • テキスト形式