メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

vol.005 第2位のECに浮上した拼多多とは何ものか?

知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード
  • 2020/02/03
    • シェアする
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード vol. 005 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ みなさん、こんにちは!ITジャーナリストの牧野武文です。 「拼多多」(ピンドードー)と呼ばれるECの名前を聞いたことがあるでしょうか。今、最も勢いのあるECサービスで、創業3年でナスダック上場、会員数、MAU(月間アクティブユーザー数)では、アリババに次いで第2位のECに成長するなど、勢いのあるサービスです。 ただのECではなく、共同購入型ECと呼ばれ、同じ商品を買う人を集めると安くなっていくというものです。日本でもフィーチャーフォン時代に、共同購入ECやギャザリングと呼ばれるサービスが流行したこともあります。 しかし、それともまた違っています。現在、中国ではソーシャルECと呼ばれることが多く、またマーケティングの視点からC2Bサービス(Comsumer to Buisiness)と呼ばれることもあります。 ちょっと、どんなサービスなのか、ピンとこないですよね。今回は、この拼多多について解説します。 知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード vol. 005 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ▼目次▼

この続きを見るには

この記事は約 NaN 分で読めます( NaN 文字 / 画像 NaN 枚)
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 月曜日