メルマガ読むならアプリが便利
アプリで開く

Q. 上場発表のマットレスD2C Casperに学ぶD2Cビジネスの5つのポイントとは?

決算が読めるようになるノート
新着記事を(無料で)Facebookメッセンジャー・LINEへお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookメッセンジャー:https://m.me/irnote LINE:https://line.me/R/ti/p/%40pap3801g ---------------------------- A. 上場目論見書(S-1)では以下の5つが強調されています。 1. グロスマージン: 50.7% 2. 返品・返金: 約20% 3. 広告宣伝費: 約33% 4. ECは「first purchase profitable」(詳細は後述します) 5. 独自店舗にも注力 今日の記事ではアメリカの「Casper」というベッドのマットレスを中心にした睡眠器具を販売するD2C企業の上場上場申請書(S-1)をもとに、「D2Cビジネスのコツ」を勉強していきたいと思います。 ご存知の方も多いかと思いますが、D2Cというのは「ダイレクトトゥコンシューマー」の略で、小売店などを介さずに販売者が直接ユーザーに商品を届ける新しい販売形態のことです。 Casperという会社が、どのような商品を販売しているのかを簡単に見てみましょう。
これはバックナンバーです
  • シェアする
まぐまぐリーダーアプリ ダウンロードはこちら
  • 決算が読めるようになるノート
  • アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。
  • 1,001円 / 月(税込)
  • 週2回程度