中国の新型肺炎で、1月17日に「オーメン」を嗅ぎ取って動いていた人たち(1)

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
■ No.398 (2020年01月26日発行) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 中国の新型肺炎で、1月17日に「オーメン」を嗅ぎ取って動いていた人たち(1) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ★『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーはこちらから購入できます。 http://www.mag2.com/archives/0001566290/ これまでの号はこちらでチェックしてみてください。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 中国の新型肺炎が今も蔓延し続けている。中国政府が対応に躍起になっているのだが、明らかに初動の押さえ込みに失敗した。 そのため、震源地となった武漢から大量のコロナウイルス感染者が散らばって、いまや中国全土に新型肺炎が広がってしまった。 さらに、春節(旧正月)の時期にも重なったので、感染者が大量に海外に出て、全世界に新型肺炎を広めている。 当初、専門家が「弱いウイルスなので心配はいらない」とか「人から人への感染はない」みたいなことを話していたのだが、そんなことを言っている間に感染者は武漢中に広がっていき「武漢封鎖」という大規模な事態にまで到達した。
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編
  • 弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。
  • 550円 / 月(税込)
  • 毎週 日曜日
  • テキスト形式