『セッション』Vol.42 問いができれば、答えはある。

堀口ひとみ「セッション」
2020年1月23日発行 堀口ひとみ 『 セッション 』 Vol.042 §目次 … 1. 復習:人を動かす傾聴力 … 2. 問いができれば、答えはある。 … 3. Weekly Challenge (中略) 「問ができれば、答えはある」 と言います。どうすればいいかわからないとき、「問」を作ればいいのです。その問いが作れたら、もう答えはあるということなのです。哲学的ですね。 私はまさに、それを体験したことがあります。 私がサラリーマンだったころ、入社1社目のマクドナルドは、日本にも当時3000店舗くらいありましたから、どの店舗も基準高く運営できるように、マニュアルで管理されていました。ハンバーガーの作り方から、掃除の仕方、機械のメンテナンス、リーダーシップの取り方、トレーニングの仕方など様々なジャンルがありました。・・・・・
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • 堀口ひとみ「セッション」
  • 2020年7月からの『セッション』は、ラジオのようになりました。お子さんでもわかりやすい内容になっていますので、ご家族でご視聴いただけると思います! ご興味ある方は購読してみてください! 学校では教えてくれない傾聴センスを身に着けよう! 一月あたり880円の自己投資(購読料)で日常生活に欠かせない傾聴力が学べます!Why not? ◎まぐまぐ大賞2019 知識・ノウハウ部門で3位受賞。
  • 880円 / 月(税込)
  • 毎週 木曜日(年末年始を除く)
  • HTML形式