聖地学講座第30回「聖地の多面性」

レイラインハンター内田一成の「聖地学講座」
【聖地学講座第30回】 「聖地」と一口に言っても、そこに秘められた土地の雰囲気も歴史も様々です。また、聖地と人との関わり方という点でも、異なるでしょう。 聖地はそもそも「心地いい」場所なのでしょうか? いえ、そんなことはありません。峻厳と人を拒絶するような場所もあれば、沈鬱な空気が漂うような場所もあります。 そんな聖地毎にどうして性質が異なるのか? 聖地の多面性を紐解きながら解説します。 -------------------------------------- 1 聖地の多面性   ・聖地は「心地良い」場所なのか?   ・聖地の多面性 --------------------------------------
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • レイラインハンター内田一成の「聖地学講座」
  • 聖地と聖地を結ぶ不思議なネットワーク"レイライン"を長年追い続けてきたレイラインハンター内田一成が、聖地の成り立ちから、人と聖地の関係、聖地の科学を解説。聖地の作り方まで考察していきます。「パワースポット」という現象も、主観にとらわれず、多角的に分析していきます。また、各回、実際のフィールドワークのこぼれ話などもご紹介します。
  • 220円 / 月(税込)
  • 毎月 第1木曜日・第3木曜日
  • テキスト形式