聖地学講座第24回「夏至のレイライン」

レイラインハンター内田一成の「聖地学講座」
【聖地学講座第24回】 太陽信仰はもっとも古い信仰形態です。冬至は太陽が再生する日として、一年の終わりもしくは始まりとして位置づけられ、太陽再生の祭りが行われました。クリスマスもそうした太古の冬至祭がキリスト教に取り入れられたものです。 一方、太陽信仰おける夏至は、太陽の力がもっとも強まり豊穣の象徴として祈りが捧げられました。そんな夏至祭りに関して、レイラインと絡めて解説します。 -------------------------------------- 1 夏至のレイライン   ・ヨーロッパの夏至祭   ・日本の夏至ライン --------------------------------------
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • レイラインハンター内田一成の「聖地学講座」
  • 聖地と聖地を結ぶ不思議なネットワーク"レイライン"を長年追い続けてきたレイラインハンター内田一成が、聖地の成り立ちから、人と聖地の関係、聖地の科学を解説。聖地の作り方まで考察していきます。「パワースポット」という現象も、主観にとらわれず、多角的に分析していきます。また、各回、実際のフィールドワークのこぼれ話などもご紹介します。
  • 220円 / 月(税込)
  • 毎月 第1木曜日・第3木曜日
  • テキスト形式