聖地学講座第20回「鎌倉の結界」

レイラインハンター内田一成の「聖地学講座」
【聖地学講座第20回】 前回コラムで紹介した鎌倉の結界の詳細です。 鶴岡八幡宮を中心とした鎌倉結界の構造とその意図。 さらに、明治政府が創建した鎌倉宮が北条氏の結界を破るように設けられた意図などを解説します。 コラムでは、柳田国男も触れている加賀の殿様の秘密ルートを紹介しました。 -------------------------------------- 1 鎌倉の結界   ・鶴岡八幡宮   ・鎌倉守護の御霊   ・鎌倉宮創建の意図 2 コラム   ・加賀様の隠し路 --------------------------------------
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • レイラインハンター内田一成の「聖地学講座」
  • 聖地と聖地を結ぶ不思議なネットワーク"レイライン"を長年追い続けてきたレイラインハンター内田一成が、聖地の成り立ちから、人と聖地の関係、聖地の科学を解説。聖地の作り方まで考察していきます。「パワースポット」という現象も、主観にとらわれず、多角的に分析していきます。また、各回、実際のフィールドワークのこぼれ話などもご紹介します。
  • 220円 / 月(税込)
  • 毎月 第1木曜日・第3木曜日
  • テキスト形式