聖地学講座第18回「伊豆東海岸フィールドワーク その1」

レイラインハンター内田一成の「聖地学講座」
【聖地学講座第18回】 伊豆半島には、独自の神話体系があります。 それは、南海の島嶼がフィリピン海プレートに乗ってやってきて日本列島にぶつかる地球物理的な壮大な歴史に始まり、火山信仰、海から神が上陸してくる来宮信仰、そして奈良時代に確立された修験の伊豆山信仰の三つが織りなしています。 伊豆半島に取材し、個性的な神々を巡ったレポートです。 -------------------------------------- 1 伊豆東海岸フィールドワーク その1   ・伊豆の国焼神話   ・地質学的側面   ・八幡宮来宮神社 --------------------------------------
これはバックナンバーです
  • シェアする
  • レイラインハンター内田一成の「聖地学講座」
  • 聖地と聖地を結ぶ不思議なネットワーク"レイライン"を長年追い続けてきたレイラインハンター内田一成が、聖地の成り立ちから、人と聖地の関係、聖地の科学を解説。聖地の作り方まで考察していきます。「パワースポット」という現象も、主観にとらわれず、多角的に分析していきます。また、各回、実際のフィールドワークのこぼれ話などもご紹介します。
  • 220円 / 月(税込)
  • 毎月 第1木曜日・第3木曜日
  • テキスト形式